AREA GUIDE ジョホール Johor 世界遺産

ジョホール州はマレーシア最南の州です。

州都のジョホール・バルとシンガポールは約1kmのコーズウェイ橋でつながれており、陸路で国境を越えることができます。ジョホールはゴルフ、自然、美しいビーチやカンポンビジットなど、様々なアクティビティが楽しめる州です。

アクセス方法

空路: クアラルンプールからは飛行機で約1時間
鉄道: マレー鉄道でクアラルンプールから約6時間、シンガポールからは約50分
マレー鉄道ホームページ:http://www.ktmb.com.my/
陸路: クアラルンプールから約4時間半、シンガポールからは約1時間半
※週末や休日前後のコーズウェイ橋は大変混み合います。時間には余裕を持ってご旅行ください
海路: ジョホール・バル フェリーターミナルからタンジュン・ベンランコー(デサル方面)、バタム島(インドネシア)、ビンタン島(インドネシア)行きのフェリーが出ています。
フェリースケジュール:http://www.zon.com.my/ferry.html
ジョホール州全体地図ダウンロード ジョホール・バル地図ダウンロード
Map
ジョホールは16世紀初めにポルトガルの侵略により滅びたマラッカ王国最後の王、スルタン・ムハンマド・シャーによって建国されました。その後ここを拠点に近隣の島々を支配するジョホール・リアウ帝国という大きな帝国になっていきました。
その後幾多の争いが繰り返され、1866年にスルタン・アブ・バカールがジョホール王国の王に即位します。マレー半島の他の州がイギリスの植民地となっていくのに対し、ジョホール王国は独立を維持し、独自の経済開発を進めました。その為スルタン・アブ・バカールは『近代ジョホールの父』と呼ばれています。
主な見どころ
ジョホール・バル市内 その他郊外の見どころ テーマ別の楽しみ 国境を越えて
歴史的な建築物や博物館が点在し、シンガポールからの日帰りツアーとしても人気のあるジョホールの中心エリアです。 デサルビーチや蛍観賞スポット、エンダウ・ロンピン国立公園やレダン山など、ジョホール・バルから足をのばして自然を満喫。 ゴルフ、フィッシング、マリン・アクティビティのほか、「田舎暮らし体験(カンポンビジット)」でユニークな体験もおすすめです。 シンガポールへの陸路の入国方法とワンポイント・アドバイス。