パワーポット in Malaysia Power spot
 
  ■ ランカウイ島
■ ペナン島
■ ペラ州
■ クアラルンプール郊外 (セランゴール州)
■ マラッカ
■ サバ州
■ サラワク
--

バツーケイブ	Batu Caves	―クアラルンプール近郊(セランゴール州)―
バツーケイブ洞窟の中の聖地

クアラルンプール近郊、セランゴール州に横たわる壮大な石灰岩の洞窟にあるヒンドゥー教寺院。
272段の急こう配な階段を上り奥へ進んでいくと、洞窟内部には住んだ空気が流れています。 頭上からは天然の窓から陽の光が降り注ぎ、大気と光のパワーを感じます。多くのヒンドゥー教徒が聖地と崇め、毎年タイプーサムという大祭がここで行われています。

 
アクセス方法
クアラルンプール中心部から車で約20分。
KLセントラルからKTMコミューターで約30分
-
ページトップへ▲
 
ハン・トゥアの井戸 Perigi Hang Tuah -マラッカ―
ハン・トゥアの井戸純粋な人にのみ見える白いワニ
マラッカ中心部からすこし離れた場所にあるドゥヨン村は、マラッカ王国時代の有名な戦士・ハン・トゥアが幼少の頃過ごした場所として知られています。ハン・トゥア本人が掘ったとも伝えられる井戸の水には、人々を癒す力をもっていると伝えられており、洗顔をしに来る人が絶えません。またハン・トゥア本人が白いワニに姿を変えこの井戸に棲んでいるとも伝えられ、純粋な心の人にのみその白いワニが見えると言われています。
 
アクセス方法
マラッカ歴史地区から車で約15分
-
ページトップへ▲
 
キナバル山 Mt.Kinabalu	 ―サバ州―
キナバル山数々の伝説が残る、先住民族の霊峰
UNESCO世界自然遺産でもあるキナバル山の名前の由来は未だ解明されておらず、先住民族のカダザン・ドゥスン族の言葉で「アキ・ナバル(先祖の霊が宿る山)」が有力とされています。その名の通り彼らからは「聖なる山」とされ崇められています。またカダザン・ドゥスン族の人々はいまだにキナバル山の頂上には彼らの神様であるキノリンガンが暮らしており、人々の生命を支配していると信じています。その為キナバル山の頂上では不思議なパワーを感じられます。
 
アクセス方法
州都コタキナバルから車で約2時間半。登山には最低3日必要です。
-
ページトップへ▲
 
ホーンビル Hornbill ―サラワク州―
ホーンビル神様の使いとされる鳥
くちばしの上にある、サイの角の様な突起が特徴のホーンビル(サイ鳥)。特にオレンジ色の角を持つホーンビルはサラワク州に棲む先住民族からは「神様の使い」として信じられており、サラワク州の州鳥にもなっています。首狩り族として知られた先住民族のイバン族は数年に1度行う「ガワイ・クニヤラン」という大祭の中でホーンビルを戦いの神の化身とし、木彫りの像が 敵から身を守ってくれると信じています。普段はジャングルの奥深くに棲み、姿を見る事が難しい鳥なので、姿を見るだけで良い事がありそうです。
※サラワク州の州鳥ですが、マレーシア全土で様々な種類のホーンビルを見る事が出来ます。
 
-
ページトップへ▲
 
グヌン・ムル国立公園 Gunung Mulu National Park ―サラワク州―
グヌン・ムル国立公園大地のパワーが溢れるリチャージスポット

UNESCO世界自然遺産にお登録されているグヌン・ムル国立公園内の洞窟は、地球上に存在する洞窟群の中でも世界最大規模を誇る洞窟群の1つです。国立公園に指定されている為、公園内には太古の熱帯雨林がそのまま残されています。手つかずの自然からは大地のパワーが溢れ、大気もとても澄んでいます。更に洞窟群の1つであるクリアウォーターケイブの中に流れる水には秘めた力があり、初めてここを訪れた人がこの水で顔を洗うと願いが叶うと言われています。またこの水には若さを取り戻す力があるとも言われています。

 
アクセス方法
州都クチンから飛行機で約3時間(ミリ経由)
サバ州州都コタキナバルから飛行機で約2時間
-
←戻る | ページトップへ▲