大自然アドベンチャー&世界自然遺産
マレー半島マップ
実際の尺寸とは異なります。
マレーシアには現在2つの世界自然遺産が登録されています。東南アジア最高峰を頂点に広がるサバ州のキナバル公園、神秘の巨大洞窟が点在するサラワク州のグヌン・ムル国立公園、いずれも大自然の宝庫ボルネオがその舞台です。スケールの大きな驚きと感動は訪れる人々を魅了してやみません。
・キナバル公園>>
・グヌン・ムル国立公園>>

キナバル公園  Kinabalu Park
東南アジア最高峰のキナバル山(4095.2m)を中心に広がる世界自然遺産。荒々しい岩肌がむき出しの雄志は荘厳的で一見の価値があります。山麓の公園本部周辺には自然散策用のハイキングコースや山岳植物園があり、食虫植物のウツボカズラやキナバル固有のランなど、珍しい植物を十分堪能することができます。運がよければラフレシアの開花を見ることも。近隣にはポーリン温泉や空中遊歩道のキャノピーウォーク、バタフライファームなどがあります。コタキナバルからの日帰りスポットとして人気がありますが、周辺のコテージに滞在すれば爽やかな高原リゾート滞在も満喫できます。また、登山道も整備され、人並みの体力があれば登頂(最低2泊3日)が可能です。登山には公認ガイドの同行が義務づけられており、登山料と届け出が必要です。


アクティビティ
トレッキング / キャノピーウォーク / 登山
持ち物
双眼鏡 / 帽子 *登山の場合は防寒対策が必要です。
ワンポイント・アドバイス ▼
登頂する場合は山中の宿泊施設にて最低2泊の宿泊が必要です。収容人数が大変少ないので必ず事前にご予約ください(宿泊施設とガイドの予約がない方は登山ができません)。登山に必要な手続きと宿泊予約は下記ステラ・サンクチュアリ・ロッジへ申し込むか、旅行会社でツアー手配も可能です。
Sutera Sanctuary Lodges http://www.suterasanctuarylodges.com
Tel: (+6088)243-629 / Fax: (+6088)259-552
見られる動物
リス / ツバイ / ホーンビル / その他野鳥・昆虫
宿泊情報
公園本部周辺には様々なタイプのコテージがあります。リストはこちら
アクセス
コタキナバルから車で約2時間半。
ページトップへ▲

グヌン・ムル国立公園  Gunung Mulu National Park
サラワク州北部に位置するグヌン・ムル国立公園は、地球上に存在する洞窟群の中でもその距離やスケールにおいて最大規模を誇るスポットの一つです。中でもサラワク・チャンバーは、ジャンボジェット40機がすっぽり入るほどの巨大な地下空間として有名。また、洞窟の入り口の大きさが世界一といわれるディア・ケーブでは、夕刻になると空へ一斉に舞い上がるコウモリの大飛行を目にすることができます。このほかにも鍾乳石が美しいラング・ケーブ、全長170kmに及ぶ東南アジア最長のクリアウォーター・ケーブ、ナイフのように尖った奇岩が連なるピナクルへのトレッキングなど、多彩なアクティビティを満喫できます。周辺のジャングルには75種類の哺乳類、281種類の蝶、262種類の野鳥なども生息しています。


アクティビティ
洞窟探検 / トレッキング / ナイトウォーク / キャノピーウォーク / ムル山登山 / キャンプ
持ち物
双眼鏡 / トレッキングシューズ / 虫除け
ワンポイント・アドバイス ▼
公園内の各スポットのうち、ディア・ケーブ、ラング・ケーブ、クリアウォーター・ケーブ、ウィンド・ケーブなどは比較的容易に巡ることができますが、サラワク・チャンバーやピナクルへのトレッキングなどはガイドの手配や催行人数による料金の変動がありますので事前の確認をお勧めします。
見られる動物
ヒゲイノシシ / コウモリ / ホーンビル / アカエリトリバネアゲハ
宿泊情報
公園入り口近くの高級リゾートで快適な滞在ができます。
ロイヤル・ムル・リゾート Royal Mulu Resort www.royalmuluresort.com
このほか公園内にあるシャレーやキャンプなどの宿泊施設は公園本部を通じて予約できます。
Forestry Department Sarawak www.forestry.sarawak.gov.my/forweb/np/np/mulu.htm
Tel: (+6085) 432-561 / Fax: (+6085)434-561
アクセス

コタキナバルからムル空港へMASウィングス国内線で約50分、ここから専用車で公園本部まで約10分。

 
※全ての動植物が必ず見れるとは限りません。
※上記情報は2008年5月現在のものです。情報は予告なしに変更となる場合がございます。
ページトップへ▲