Tourism Malaysia Online Magazine M-style:Mスタイル

マレーシアの旬な観光情報や旅の魅力をお届けするウェブ・マガジン“M-style”

Tourism Malaysia

キャロル・カンさん デザイン・ディレクター
マレーシアのお土産といえば、バティックやピューター(スズ製品)などが思い浮かぶが、最近お土産店で静かな人気を博しているのが、『アーチ(Arch)』ブランドの木製工芸品だ。『アーチ』は、歴史的建築物などをモチーフにし、木片を重層的に組み合わせ、緻密で木目の風合いが豊かな製品を生み出している。そのデザインしているのは、キャロル・カンさん。『アーチ』をマレーシアを代表するお土産品ブランドに育てるために日々努力を重ねている。

“一つの都市に一つの伝統を マレーシアの新しい工芸品をプロデュース

アーチ写真
<上>見ごたえ十分な3Dアート作品、ペナンの時計台。<中>細密な木片の貼り付ける工程。 <下>今ではマレーシアの人気土産品として定着している。

『アーチ』は、セントラル・マーケット、スリア・KLCC、1ウタマ、ペナンのガーニー・プラザなどに専用の販売店を持つほか、観光客が訪れるお土産店に製品の販路を広げてきている。「アーチ(Arch)」の名称は、「建築物(Architecture)」から命名されたことが示すとおり、建築物をモチーフとした製品が代表的だが、マレー民族衣装クバヤや影絵(ワヤン・クリッ)の人形、伝統的マレー建築に使用される木彫、中国・インドの神々、イスラム教のカリグラフィーなど、さまざまなデザインの製品がある。また、額縁に収められた鑑賞用の平面作品以外にも、建築物を忠実に再現した立体作品、名刺入れや日記帳などの事務用品、ブックマーク(しおり)、キーホルダーなど、小物も充実している。工芸品としても、アートとしても通用するにもかかわらず、気軽に買える価格が魅力となっている。
『アーチ』が現在のような工芸品やお土産品を製造するようになったのは、02年と日が浅い。キャロルさんが、『アーチ』の前進となる会社に入社したときは、不動産企業のために特注で物件の立体模型を製造する会社だったという。そしてキャロルさんは、印刷物やチラシをデザインするグラフィック・デザイナーとして入社した。実は、現在の『アーチ』の得意とするノウハウである立体の平面化とは、同じデザインでも畑違いの業務だった。

キャロルさんは、会社とともに新たな課題と挑戦に取り組んでいった。歴史的な建築物などの場合、何回も測量をして、細部まで忠実なデーターを集めていく。次に写真やデーターから平面のデザインを起こし、立体的に見せるためのレイヤー(層)に分けていく。材料の木片は、0.6mmの薄さであり、大きな製品では20層、キーホルダーのような小さな製品でも3層ものレイヤーとなる木片を重ね、平面の中に奥行きを表現していく。製造現場では、木片の切り出しは、コンピューター制御のレーザー裁断機を使用するが、張り合わせる最終工程は手作業だ。また、材料の木片は、着色しないことが基本。表現したいモチーフに合わせ、色合いがことなる材質の木を使い分ける。微妙なトーンを出すために20種類にも及ぶ木から最適な組み合わせを考える。キャロルさんは、「デザインや工程には、コンピューターを使ってはいるものの、木肌の質感は一つ一つ異なり、どれとして同じものはない」と胸を張る。

現在『アーチ』が取り組んでいるのは、伝統により親しみと愛着を持ってもらえる製品を生み出すこと。その大きなステップとして、クアラルンプール(KL)の中心地であるダタラン・ムルデカ(独立広場)に臨む植民地時代の建築物借り受け、「KLシティ・ギャラリー」として、オープンすること。自社製品の販売と製造過程の見学ができるほか、KLの歴史と伝統的な建築物についての知識を深められる展示ギャラリーを併設している。年末までには、『アーチ』のノウハウを生かし、独立広場周辺の建築物を再現した模型によるジオラマとKL首都圏を俯瞰できるジオラマを公開し、KL観光の名所となる場所を目指していく。
キャロルさんは、新たな挑戦となる展示ギャラリーのデザインを任され、「製品を生み出すだけでなく、コンセプトをプロデュースする楽しさを難しさを学んだ」と、充実したキャリアについて満足感をのぞかせる。

さらに『アーチ』は、「一つの都市に一つの伝統」というコンセプトを打ち出し、ロンドンやシンガポールといった海外の都市をテーマにしたシリーズ製品をその都市だけで販売していく展開を進めている。シンガポールでは、マリーナ・ベイに出店し、マーライオンなどの都市の象徴をモチーフとした製品を販売している。

都市の伝統を製品として形にし、その都市の知名度を高めていくことは、企業としてのビジョンであり、私の情熱でもあります」と語るキャロルさん。いつかマレーシアが生み出し製品が、世界の家々に飾られる日が来るかもしれない。

Data

Arch Collection Sdn. Bhd.

[住所] No.27, Jalan Raja, Dataran Merdeka, 50050 Kuala Lumpur

[Tel] (03)26983333

[URL] www.archcollection.com

| M-style トップページ | 特集 | 新着ニュース | ホテルSellection | スパ&ビューティー | 輝くひとびと |