Tourism Malaysia Monthly Web Magazine M-style マレーシアの旬な情報や旅の魅力をお届けする月刊ウェブ・マガジン“M-style”
Menu
特集:初めてのローカルフード巡り
1. マレー系のナシあれこれ
2. 元気な朝はバクテーから
3. 見て楽しいインド系屋台
4. ご当地名物ラクサ
5. フードコートへ行こう
KL知っ得便利情報:
週末ステイはハイティーが狙い目
今月のリゾート
マレーシアおもしろ図鑑
特派員レポート
M-styleトップへ
マレーシア政府観光局
公式サイトへ
5月特集
初めてのローカルフード巡り Part2 元気な朝はバクテーから

肉骨茶と書いてバクテーと読むこの料理、お茶の種類ではなく中国系住民には定番の朝ごはんメニューです。

漢方たっぷりのお茶で煮込んだ庶民派料理
バクテーは骨付きの豚肉をマッシュルームや湯葉などと一緒に漢方スープで煮込んだもので、ご飯とともに(上からかけて)食べます。お好みで油条(中国風揚げパン)をトッピングしたり、野菜のサイドオーダーをつけることも。ちなみにお茶は豚の油を解消するためにバクテーとともに出されます。土鍋で煮込まれた漢方薬やにんにくが効いてしっかりエネルギー補給できるので旅行者にもオススメです。
バクテーのルーツは錫にあり!?
バクテーはもともと中国の福建・潮州地方が発祥といわれていますが、イギリス統治下にあったマレーシアで錫産業が栄えていた時代、中国大陸から大勢の人々が労働者としてこの地にやってきました。時間に追われ重労働に携わる彼らが一日のはじまりに手早く栄養をつけるために食べていたことから、マレーシアに広くバクテーが根付きました。KLから西へ車で1時間ほどの港町クランは労働者が大勢渡ってくる場所で、今でもバクテーといえばクランが有名です。


●Malaysia web magazineについて●Malaysia web magazine「m-style」は、マレーシアの旬な情報や旅の魅力をお届けするページです。(毎月1回更新)掲載されているデータは2007年4月20日現在のものです。