Tourism Malaysia Monthly Web Magazine M-style マレーシアの旬な情報や旅の魅力をお届けする月刊ウェブ・マガジン“M-style”
Menu
特集:初めてのローカルフード巡り
1. マレー系のナシあれこれ
2. 元気な朝はバクテーから
3. 見て楽しいインド系屋台
4. ご当地名物ラクサ
5. フードコートへ行こう
KL知っ得便利情報:
週末ステイはハイティーが狙い目
今月のリゾート
マレーシアおもしろ図鑑
特派員レポート
M-styleトップへ
マレーシア政府観光局
公式サイトへ
5月特集
初めてのローカルフード巡り Part1 マレー系のナシあれこれ

ナシNasiとはマレー語でお米(ごはん)のこと。日本と同じようにマレー人も食事の基本はごはんです。さてその食べ方にはどのようなものがあるのでしょう?

ナシ・ルマッ 持ち運びできちゃうお手軽朝ごはん
持ち運びできちゃうお手軽朝ごはん
マレー系住民の朝食といえばこのナシ・ルマッです。ココナツで炊いたご飯にスパイシーなサンバルソースや小魚、ピーナッツ、卵などをトッピングして食べます。お皿で出されることもありますがバナナの葉に包まれたものはテイクアウトにも便利で、広げればそのままお皿になってしまうスグレモノです。
ナシ・ゴレン
スパイシーな炒飯はサテーと一緒に
ゴレン=炒める、の意味。マレー式のチャーハンのことです。中国系の炒飯に比べてスパイシーな味付けが特徴で、サテーと一緒に食べれば美味しさ倍増! はじめてマレーシアを訪れる人はまずナシ・ゴレンを味わってみてください。
ナシ・アヤム
甘辛ソースが食欲をそそる!
ローストした鶏肉を、鶏ガラスープで炊き上げたご飯とともに食べます。アヤムAyamとはマレー語で「鶏肉」の意味。中国系の海南チキンライスには他に蒸し鶏タイプもありますが、マレー系のナシ・アヤムはローストに濃い目のソースをからめたタイプが一般的。それぞれ食べ比べてみてはいかがでしょう。
ナシ・チャンプル
お好みで作るまぜまぜご飯
そのネーミングから想像のついた方も多いはず。そう、これはご飯とお惣菜を混ぜ混ぜ(チャンプル)して食べるもので、フードコートなどで必ず見かけるスタイルです。食堂のように、トレーにお皿を乗せ店員さんに好きなお惣菜を伝えてよそってもらいます。焼き魚、炒めた野菜、マレー風カレー、鶏やラムの煮込みなどが定番。見ながら選べるのも旅行者には嬉しいポイント。少しずついろんな料理にトライしよう。


●Malaysia web magazineについて●Malaysia web magazine「m-style」は、マレーシアの旬な情報や旅の魅力をお届けするページです。(毎月1回更新)掲載されているデータは2007年4月20日現在のものです。