M-style Tourism Malaysia Monthly Web Magazine
今月の特集
癒しのリゾート
ザ・ダタイ
パンコール・ラウト・リゾート
ロイヤル・ムル・リゾート
シャングリラ・ラサリア・リゾート
ネイチャー・リゾート滞在Q&A
連載コーナー
人物インタビュー
リゾートのもてなしをKLで
〜ハゼリ・ハナピさん〜
KLを歩こう
都会のオアシス
水族館へ行こう!
もっと知りたい!マレーシア
やさしい瞳の象と触れ合う
クアラ・ガンダー象保護区
ツアーセレクション&新着ニュース
KLセントラルマーケット改装状況
M-style トップへ
TOURISM MALAYSIA
マレーシア政府観光局公式サイトへ
バックナンバー 1月号/KLで憧れステイ 2月号/心に残るビーチステイ 3月号/マレーシアで実現する優雅な休日 4月号/私スタイル・人気リゾート 5月号/東海岸リゾート 6月号/離島でみつけるマリンブルーの水中世界 7月号/ボルネオの世界遺産 8月号/ディープなジャングル体験
都会のオアシス 水族館へ行こう!
ペトロナス・ツインタワーでおなじみのKLCC地区は今も開発が進む注目エリア。国際会議場の地下に広がる水族館「アクアリアaquaria」は都会の喧騒から離れて熱帯の海中世界を体験できるお勧めスポットです。
陸上の生き物から深い海の中へ ハイライトは90mの水中トンネル
日本とは異なる熱帯の海の世界へと出かけてみましょう。展示は陸上から水中へと地理的環境をに辿るルートになっています。イグアナ、ヘビ、カブトムシなど熱帯のジャングルの生き物から巨大なナマズなどの淡水魚などもカバー。日本では珍しい生き物を間近に観察できます。
自然に溶け込む建築美
アクアリアの目玉は90mに及ぶ動く歩道型の水中トンネル。ここでは3,000種以上の海洋生物を観察できます。コバンザメを伴って泳ぐタイガーシャークや、ひらひらと優雅に泳ぐエイなど大型生物を頭上に仰ぎ見たり、飽きることなく楽しめます。

ツインタワーからも地下道ですぐのアクアリア。ショッピングの合間に立ち寄ってみてはいかがでしょう?


トラベル・メモ
aquaria@KLCC
住所:Concourse Level, Kuala Lumpur Convention Centre
TEL:03-2333-1888
開館:11時〜20時(最終入場は19時)/無休
アクセス:(1)タクシーの場合はKL Convention Centre下車し、ロビーからB1へ。 (2)プトラLRTの場合はKLCC下車徒歩5分。ツインタワー内のIsetanからも地下道でアクセス可。
アクアリアHP:www.klaquaria.com
料金:大人RM38、小人RM26

 

●Malaysia web magazineについて●
Malaysia web magazine「m-style」は、マレーシアの旬な情報や旅の魅力をお届けするページです。(毎月1回更新)
掲載されているデータは2006年8月20日現在のものです。