旅の基本情報

東南アジアの中心に位置するマレーシアは、マレー半島とボルネオ島の一部・サバサラワク州から成り立っています。国土面積はマレー半島部分とボルネオ島部分を合わせ、33万338平方キロメートル。日本の面積の9割弱の広さの土地に、日本の16%の人口が住んでいることになります。そして国土の約60%が熱帯雨林で覆われています。人口約3000万人のマレーシアは、マレー系・中国系・インド系、そして多数の部族に分けられる先住民族で構成される多民族国家です。それぞれの民族が持つ宗教、生活習慣の融合は独特な文化を生み、マレーシアの魅力の魅力を創り出しています。また、のんびりとくつろぐことの出来る砂浜、南国の熱帯雨林、魅力的な島々、神秘的で荘厳な山々など自然美に溢れる国です。

拡大した物を見る


■ 首都
マレーシアは、13の州と3つの連邦特別区によって成立しています。首都はクアラルンプールで人口は180万人以上。「クアラルンプール」には「泥の川が交わるところ」という意味があります。 またペナン、マラッカ、サバ、サラワク州以外の州にスルタンがおり、5年ごとに輪番制で国王が選出されます。
■ 国花
マレーシアの国花・ハイビスカスの5つの花びらは、マレーシアの5つの国是(1:神への信仰、2:国王及び国家への忠誠、3:憲法の遵守 4:法による統治 5:良識ある行動と徳性)を表し、赤い色は勇気を表しています。1960年に初代首相トゥンク・アブドゥル・ラーマンにより国是と共に国花として制定されました。
 
国旗
マレーシアの国旗には、国教であるイスラム教のシンボルマークである月と星、そしてマレーシアの13の州と連邦特別区の意味が込められています。
宗教
国教はイスラム教ですが、信仰の自由を認めている為、多民族国家を反映して仏教、ヒンドゥー教、キリスト教、道教、シーク教を信仰する国民も多くいます。

■ 言語
公用語はマレーシア語(マレー語)ですが、多民族国家の為中国系住民社会ではは中国語、インド系住民社会ではタミール語が使用されています。また、各民族間で会話をする際は広く英語が使用されているので、旅行では英語が主体となってます。

日本語 マレーシア語 読み方
saya サヤ
あなた anda アンダ
はい ya
いいえ(物事の否定) tidak ティダッ
いいえ(物の否定) bukan ブカン
お早うございます Selamat pagi スラマット パギ
こんにちは(正午) Selamat tengah hari スラマット タンガ ハリ
こんにちは(午後)/こんばんは Selamat petang スラマット プタン
おやすみなさい Selamat malam スラマット マラ(ム)
有難う Terima kasih テリマカシ
どういたしまして sama sama サマサマ
お元気ですか? Apa khabar? アパ カバー?
さようなら(去る人に対して) Selamat jalan スラマット ジャラン
さようなら(留まる人に対して) Selamat tinggal スラマット ティンガル
これは何ですか? Apa ini? アパ イニ?
いくらですか? Berapa harganya? ブラパ ハルガニャ?
~はどこですか? Di mana ~? ディマナ~ ?
誰ですか? Siapa? シャパ?
~が欲しい Saya mahu ~ サヤ マウ ~
わかります faham ファハム
わかりません tidak faham ティダッ ファハム
いつですか? Bila ~? ビラ~?
1 satu サトゥ
2 dua ドゥア
3 tiga ティガ
4 empat (ウ)ンパッ
5 lima リマ
6 enam アナム
7 tujuh トゥジュー
8 lapan ラパン
9 sembilan スンビラン
10 sepuluh スプルゥ
11 sebelas セブラス
12 dua belas ドゥアブラス
13 tiga belas ティガブラス
14 empat belas (ウ)ンパッブラス
15 lima belas リマブラス
16 emam belas アナムブラス
17 tujuh belas トゥジューブラス
18 lapan belas ラパンブラス
19 sembilan belas スンビランブラス
20 dua puluh ドゥアプルゥ
10の位 puluh プルゥ
100 ratus ラトス
1000 ribu リブ