マレーシアグルメ図鑑 中華料理&インド料理 3大民族の2つ、中華系とインド系住民が主に食する料理。元は大陸とインドからマレーシアへ渡った人々から伝わったもので、中でも広東料理や南インド料理店が若干多く存在します。

マレー料理

サテー Satay

サテー

下味をつけた鶏肉や牛、羊肉等を串に刺して炭火焼した、マレー風焼き鳥。甘辛のピーナッツソースを付けていただきます。

ナシレマ Nasi Lemak

ナシレマ

ココナッツミルクで炊いたご飯にチリソースや、小魚のフライ(イカン・ビリス)、等を添えたマレー人の代表的な朝食メニュー。店によっては、カレーが添えられることもあります。

ナシゴレン Nasi Goreng

ナシゴレン

ご飯や野菜をオイスターソースとチリ等の薬味で炒めたピリ辛のマレー風チャーハン。目玉焼きを混ぜながら食べると一層美味しいです。

ミーゴレン Mee Goreng

ミーゴレン

野菜やシーフード等をオイスターソースとチリ等の薬味で炒めたピリ辛のマレー風焼きそば。麺は通常黄色い卵麺が多いですが、ビーフンを使ったミーフンゴレンもあります。こちらも目玉焼きが乗せられている事が多いです。

ラクサ Laksa
ラクサ

マレーシアを代表する麺料理。最も有名なのが魚のダシが効いた酸味の強いスープのアッサムラクサ。その他、ココナッツミルクの入ったニョニャラクサ、サラワクラクサ、ジョホールラクサ等地域によって味が異なります。

チキンカレー Chicken Curry
チキンカレー

マレーシアで一番消費量の多いのがチキン(鶏肉)。チキンはカレーにもよく使われます。マレー料理で出されるカレーは、ココナッツミルクを使用しており、辛さの中にもまろやかさがあります。

マレーシア発ご当地ヌードル・「ラクサ」

マレーシアで麺料理と言ったら、誰もが真っ先に思いつくのが「ラクサ」。地域によって味が異なるのは日本のラーメンのようです。マレーシア各地にあるご当地ラクサをご紹介します。いろいろ食べくらべてお気に入りの味を見つけてみては?

アッサムラクサ
魚の身がたっぷり入った酸味のあるスープ。クセが強いですが、慣れるとヤミツキに。太めのお米の麺を使用。ペナンラクサとも言います。
ニョナラクサ
カレースープにココナッツとチリで味付けをした濃厚なスープ。麺は卵麺を使用。
カレーラクサ
ニョニャラクサよりもカレーの風味が強いスープが特徴で、一番馴染みやすい味。麺はビーフンか小麦麺を使用。
サラワクラクサ
ココナッツミルク+カレーに酸味と辛さが絶妙なバランスで入るスープが特徴です。麺はビーフンを使用。
ページトップへ

ニョニャ料理

オタオタ Otak Otak

オタオタ

魚のすり身にココナッツやスパイス等を加えて、バナナの葉に包んで焼いたもの。お店によって味付けも異なります。

パイティー Pie Tee

パイティー

パリッとカップ状に揚げた器に、大根やエビ等を煮込んだ具を詰めていただく、ニョニャ料理の前菜。切干大根の様な味わいです。

カンコンブラチャン Kangkung belacan

カンコンブラチャン

ニョニャ料理でよく出される青菜炒め。ニョニャ料理特有の「ブラチャン」と呼ばれるオキアミのペーストやチリを使ってスパイシーな味に仕上がっています。

ウダン・ルマッ・ナナス Udang Lemak Nanas

ウダン・ルマッ・ナナス

ココナッツミルク入りのカレーをベースに、エビやパイナップルを入れた煮込み料理。スパイシーな中にまろやかさがあります。ニョニャ料理の定番メニュー。

バク・シオ Bak Sioh
バク・シオ

豚肉を様々なスパイスとしょうゆで煮た料理。じっくり煮込んだお肉には味がしっかりとしみ込んでいるのに味はあっさり。やわらかいお肉は日本人好みです。

アヤム・ポンテ Ayam Pongteh
アヤム・ポンテ

中国醤油でチキンとジャガイモをじっくり煮込んだニョニャ風煮物。濃いめの醤油で煮込んでいて、味は違いますが、日本の肉じゃがのようです。ニョニャ料理レストランならば大抵どこでも提供しています。

ページトップへ