コタキナバル市街からボートでわずか15分〜20分ほど、5つの島々から形成されている海洋公園です。静かなビーチで日光浴をしたり、透き通 る海でシュノーケリングやダイビングも楽しめる人気の日帰りツアースポットです。
アクセス
◆コタキナバル市内のフェリー乗り場から15分〜20分。現地のホテルや
 旅行代理店を通じて、ランチ込みのアイランドホッピングやダイビング
 ツアーに申し込むのが一般的です。
 
 
コタキナバルの北西約300キロの海上に浮かぶダイバーのためのリゾート。1000メートルまで落ちるドロップオフは、大型回遊魚の宝庫!インドマグロ、バラクーダ、ギンガメはもちろんのこと、シーズンになるとハンマーヘッドの群れに遭遇することもあるダイナミックなポイントです。リゾートホテルは島にただ1軒のラヤンラヤン・アイランド・リゾート。全86室にはエアコン、温水シャワー、衛生TV、冷蔵庫、バルコニーが完備され、プール、レストラン、ラウンジバーなどの施設も整っています。
アクセス
 
 
世界三大ダイビングポイントのひとつと言われるほどの魚影の濃さを誇っています。600mから1,200mまで落ち込むドロップオフは海洋生物の宝庫です。1メーター前後のバッファローフィッシュ(カンムリブダイ)やバラクーダーなどの大群のほか、深場では、ハンマーヘッド、マンタ、ジンべイザメも現れ、カラフルな熱帯魚の種類も豊富です。また、海ガメの保護区にも指定されており、産卵期の8〜9月には、ほぼ毎日海ガメの産卵を見ることができます。一日3本のボートダイビングが基本で、一番遠くのポイントにも15分と楽々到達できます。
アクセス
◆コタキナバルから国内線でタワウ空港まで45分→
◆陸路センポルナへ約1時間半→
◆ センポルナからボートで約1時間。
 
 
ボルネオ島サバ州の南西沖合いに浮かぶダイバー憧れの島。コブシメ、ウミウシ、オイラン、カニハゼ、幼魚系などの小物が多数見られ、マブール固有の生物も生息。大物狙いのシパダン島までボートで約20分と近いので、マブールとシパダンの両方楽しめるのがダイバーに人気です。島には水上コテージをはじめ、リゾート施設も充実しています。
アクセス
◆コタキナバルから国内線でタワウ空港まで45分→
◆陸路センポルナへ約1時間半→
◆ センポルナからボートで約45分。